サッカー

久乘聖亜(東山高校)の進路は?高校サッカー注目選手!

久乘聖亜 wiki風プロフィール

久乘聖亜(東山高校)の進路は?高校サッカー注目選手!

久乘聖亜のwiki風プロフィールまとめ

名前 久乘聖亜(くのり せいあ)
生年月日 2001年3月31日
学年 3年生
ポジション FW
身長・体重 179cm/63kg
前所属チーム 京都サンガU-15

久乘聖亜のプレースタイルは?背番号10

京都サンガU-15時代は身長が低くボランチでプレー。小柄で足元が上手いだけの選手だったが、現在は179cmまで身長が伸びたことでプレースタイルが変化。

スペースを見つける力と足元の技術に優れ、ダイナミックな抜け出しからチャンスを作る選手になった。

トップ下のシャドーポジションに定評がある第97回全国高校サッカー選手権大会の注目選手だ!

  • 足元の技術力
  • 裏を抜ける能力

久乘聖亜と久乗聖亜正しい名前は?

久乘聖亜」が正しい名前表記です。
漢字変換が難しい漢字のため、簡単な「久乗聖亜」を使ってるメディアが多いです。

久乘聖亜が東山高校を選んだきっかけは?

「京都U-15の時は同じポジションに福岡慎平や江川慶城がいたため、あまり試合に出られず、二人の陰に潜んでいました。U-18に上がれないと自分でも分かっていたので、高校で皆を驚かせよう、ぎゃふんと言わせてやろうと考えました。 そうした中で、東山なら知っている選手も多く強いチームになれるのではと感じました。プロや大学を考えた際にも、東山が一番良いと思ったのも選んだ決め手です。ここでは、サッカーだけを考えられる環境に身を置かせてもらえてましたし、コミュニケーションをたくさんとることで、チームメイトとの絆も深まりました。辛い経験も良い経験もさせてもらった福重監督と出会えたのも良かったです。 今年は新人戦で優勝することが出来ましたが、京都一は通過点。常に全国レベルを意識して、プレーしたい。自分にとっても大事な年なので、色んな人にアピールしていきたいです」引用元:ヤンサカ

京都サンガU-15の挫折が大きかったようですね。
東山高校には知ってい友人がいたので、強いチームややりたいサッカーができると思って東山高校に入学を決意したそうです。

久乘聖亜は鎌田大地2世と呼ばれている!

東山高校のOBで元サガン鳥栖で現シントトロイデンの鎌田大地2世と呼ばれています。
久乘聖亜と鎌田大地のプレースタイルは裏抜けの能力など確かに似ている部分はありますね!

久乘聖亜の進路や目標はJリーグ入団

久乘聖亜は高卒でプロ入団を目標としているそうです。